プリ小説
一覧へ

第7話

# 4
大学からの帰り道。

マサイといろんなことを喋りながら歩いていると
あっという間に家に着いてしまう。
大学から徒歩12分。
駅から徒歩5分。
築7年のおしゃれ風(?)な1LDKの マンション 。
防犯カメラ , オートロック 付き。



そこが私の家。
結構気に入ってるんだ✌



家賃高いけど。
あなた

うわぁもう着いた~

マサイ
早いよな 笑 
あなた

それね 笑

マサイ
ん,じゃーな
あなた

うん ……

あなた

ばいばい👋

マサイ
おぅ!ばいばーい👋
マサイ
早く家入れよ!危ないんだから笑
あなた

うん!わかったわかった笑



マサイに見送られながら家に入る。

心配性だなぁ。マサイは。優しい。









_____________


もう22:00か……

なんか…… 疲れたなぁ……
夜ご飯を食べ終わり,お風呂にも入り終わり,
あとは寝るだけとなった時。
📩 ピコン
ん? 



……………… シルクだ!
シルク
📨 よっ!
シルク
📨 来週デートする?

デート!? 久しぶりすぎる笑


あなた

📨 うん!

シルク
📨 じゃあなたの家迎え行くわ
あなた

📨 おっけ

あなた

📨 どこ行くの?

シルク
📨 んー どこ行きたい?
あなた

📨 どこでもよき👌 シルクと居られれば

シルク
📨 そっか …… 俺も//笑
シルク
📨 まぁ考えとくわ!
シルク
📨 ちょっと早いけどおやすみ!
あなた

📨 うん!おやすみ!


すっっっごく楽しみ。



シルクと デート 。



しかも付き合って3年記念日。


………… シルク覚えてるかな?

ふふっ
楽しみだなぁ。 
あなた

…… おやすみ










そう呟くと,幸せな気持ちで眠りについた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

り.
り.
推しが沢山 ˗ˋˏ love love for you ˎˊ˗ 連載中 :『姫涙』『Unforgettable』 イイネ・オキニイリ ありがとうございます🙌 更新速度めちゃめちゃ遅めです…