無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

赤色❤ 入学式そうそう...。

皆さんおはようございます!朝です!←

私の名前は綾瀬萌望です!あまり自分の名前好きじゃないんですが、覚えてください!←

なんと、今日は!虹丘学園の入学式です!!

はぁ...。行きたくない...。

私は極度の人見知りなので、親友の鈴木紗楽しか友達がいません!( இ﹏இ )

まぁ、自分が悪いんですけどね 笑笑

そんなこんなで、学校に行く準備をしている所です。

ほんとに行きたくない...。




_____通学途中________________


萌望)はぁ...。行きたくないなぁ...。

紗楽)とか言って、足は学校に向かってるけど?

萌望)わっ!なんだぁ、紗楽か、びっくりしたぁ~

紗楽)なんだって、私以外に誰が萌望に話しかけるのよ笑笑

萌望)んー、まぁ、居ませんね笑笑

紗楽)ほーら、遅刻するし少しは急ご?

萌望)えー、別にゆっくり行ったって着くし~

紗楽)そんなこと言わないで、ほーら!(腕ひっぱる

萌望)うわぁ、はいはい。あ!クラス違ったらどーしよ

紗楽)んー、まぁそん時はそん時だよ笑笑

萌望)えーっ!!紗楽と同じクラスじゃないとか無理!!

紗楽)学校行かないとか言わないよね?笑笑

萌望)もし、違うクラスになったら行かん!

紗楽)なーに言ってんだか。笑

(周りがザワつく)

萌望)なに?なんか急にざわざわし始めたけど?

紗楽)ほんまやね、なんやろ

生徒A)きゃー!!小瀧さんと藤井さんが来たわよ〜!!

生徒達)カッコイイ!イケメン!やばぁーい!!

萌望)あ、でた。こーいうのあるよね、巻き込まれたくないからはよ行こ。

紗楽)そーだね!てか、あの人達も注目されて大変だねー

萌望)そーだね...。クラス一緒かなぁ?

紗楽)見てみよっか!

(クラス表を見る)

紗楽)あ、私はA組だ!

萌望)えー??私は~、あ!私もA組!

紗楽)おぉ!一緒だね!
(紗楽が何かを見つける)

紗楽)あれ?この人萌望と同じ漢字だ!

萌望)んー?あ、ほんとだ!女の子かな?

紗楽)どーだろね?仲良くなれればいいね!

萌望)うん!(ニコッ

生徒達) きゃー♡♡ 私小瀧さんと同じクラス〜♡

生徒達)私は藤井さんと同じクラス〜♡♡

紗楽)あれ?小瀧ってどっかで...?
(クラス表を見る)

紗楽)あぁ!!小瀧ってまさか!!

萌望)ん?紗楽どした??大声だして

紗楽)萌望!さっき言ってた同じ漢字の子って小瀧って人だよ!!

萌望)えぇ!!てことは、男子??

紗楽)うん、しかも席近いよ??

萌望)あー、終わったわ、笑

??)俺が何やって?さっきから大きな声出して、俺の名前呼んで

萌望)わわっ、えと、なんでもないです...。

紗楽)あ!あなたが小瀧くん?私、鈴木紗楽!よろしく!

小瀧)お、おう。んで?なんか俺に用あったん?

萌望)いや、特にはっ

紗楽)萌望の肩掴んで)この子と小瀧くんの名前の漢字が一緒なんですよ!!

萌望)ちょっと、紗楽!余計なこと言わないd

紗楽)運命かと思っちゃいましたよ笑

小瀧)あ、なんだ。そんなことか

萌望)えと、なんかすみません。

小瀧)あ、全然かまへんけど、

紗楽)まぁ!同じクラスで席近いんやし!仲良くしましょ!!!ね??

萌望)私は別に...。

小瀧)まぁ、そうだな。

紗楽)小声で)ほーら!案外優しそうやん!小瀧くんって!

萌望)そーだね、

小瀧)んじゃ、また後で。

紗楽)ばいばーい!

萌望)はぁ...。紗楽ってば余計なことをー、

紗楽)なんでよ!ええやん!仲良くなれるかもよ?

萌望)んー、不安やけどね...。




紗楽が余計なこと言うから、変な人と関わっちゃった。最悪、今後は話さないよーにしよ。うん、笑