無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第15話

22世紀 東京都 近郊
7
2018/01/09 11:44
街中を走る少年が2人。


その視線の先に居るのは時空犯罪者だ。


「我々は時空警察だ。大人しく捕まれ」


幼さの残った声の事務的な命令。


彼等は歴史の干渉を取り締まる存在、時空警察だ。





彼等は無くした記憶にすがらない。
ただ、進んでいく。






戻れない時間の中を生きていく。