無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

強制 涼真Side
※R18含む!


俺は太鳳と付き合うことしか出来なかった
土屋太鳳
もう仲良くしないでね?
竹内涼真
土屋太鳳
今から太鳳と保健室でエッチしよ?
竹内涼真
え…
土屋太鳳
どうなっても知らないから
竹内涼真
分かった…
あなたSide
あなた

お兄ちゃん遅いなぁ

あなた

保健室で寝てよっかなぁ
なんちってね笑笑

私は保健室に向かった
すると


保健室からは明らかに
誰かが重なり合っている音
あなた

(や、やっぱもう帰ろ💧)

涼真Side
チュッ
誰もいない部屋にリップ音が響く
竹内涼真
チュッ
土屋太鳳
ンッ…チュッ
俺だって
溜まってるしここまで来たら


あぁ…クズ男だ
土屋太鳳
涼真ぁ…♡
竹内涼真
ンン
俺は太鳳の下に触れた
土屋太鳳
アッ…アァン♡
土屋太鳳
涼真の…ッ舐めるンァッ♡
何やってんだよ
竹内涼真
アァ…アゥ
土屋太鳳
キモチ?
竹内涼真
うん
土屋太鳳
硬いね…入れていいよ?
竹内涼真
土屋太鳳
知らないからね
強制的な感じで俺は太鳳のと重なった
誰もいない部屋
パンパン鳴り響くおと
土屋太鳳
アン…アァン。
イクッ♡
竹内涼真
俺も…
二人は果てた



俺ってやっぱ、
最低だ