プリ小説

第2話

産まれる前の自分&産まれた○○
女神様
女神様
あなた...あなたは、恋をしないといけないのよ。
恋をするまで、あなた達人間に必要なものを預かっているわ...
その時までは、ずっとあなたを見ている...
恋ができなかったら...
あなた

え...なぜですか???
恋をしないとどうなr...
い、いたぁぁい!!!
痛い…>_<…
い...バタッ

オギャーオギャー
医師
おめでとうございます!
元気な女の子ですよ!
うぅぅ泣
やっと産まれた...泣
よろしくね。私達の娘(*^^*)
数日後
医師
すみません。お母様...この子...耳が聞こえないようです...
え...
嘘...でしょ?
は?なぜだ?
医師もなぜ耳が聞こえないのか分らないらしい
遺伝という可能性もあるはずなんだけど
先祖から今まで耳が聞こえない人なんていない
あの子の運命はどうなるの?
なぁ、この子の名前をあなたと言う名前にしないか?
いいわね!とても可愛らしい名前♡
この子に何事も無いことを願うわ...







恋をしないといけない
恋をしなかったら…+&’”$&’=¥+(]=&+’=










次回に続く!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

辞めます。
辞めます。
辞めました。今までありがとうございました。