無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

始業式
碧「おっはよー!春樹!」
春樹「おっおう!おは」
碧「ボーとすんな!」
春樹「うるせぇ!朝から元気だせっかよ!」
碧「つべこべ言うな!先行くからな!」     
碧が春樹の前を歩く。
いつもの風景だ
碧「あっあったあった!春樹早く!」
春樹「あーだるいわ」
碧「あー今年春樹とおなクラやん……」
春樹「なんや、その嫌そうな反応わ」
碧「だって……」
春樹↓心の声
っしゃ!碧と同じ!神様ありがとう😭
碧「おいっいくぞ」
春樹「あっあぁ」

注意⚠碧は女の子です

教室

碧「はぁ、疲れた😵💨あぁ?今から始業式⁉」
春樹「らしいね」
碧「マジか。きつっ」
春樹「ほら、行くよ!」
碧「あー!もうまってよ!」

始業式

校長「えぇみなさん、」
生徒「こんにちはー」    
校長「えぇ突然ですが、新しくこの柿の都高校に赴任してきた先生を紹介する、さぁさぁさぁどうぞこちらへ」
春樹「誰だろな、新しい先生、女がいいなぁ」
碧「さぁね、どっちでもいいや」
春樹「あっきたきた!あっ男だ……」
碧「ん?」
碧はステージを見る

碧「ん、んん⁉」
春樹「どした?」
碧「いや、ないよな、うん、絶対ない」

学校中がざわめく

校長「ん?知ってるこがいるのかな?じゃあ先生、自己紹介を」
テヒョン「はいっえーと僕は、BTS のVです!えーここで二年間お世話になります!えーよろしく!」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

テテペン
テテペン
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る