無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第6話

ホームルーム

ホームルームー

テヒョン「さぁ、ホームルームをしてください」

碧はそれどころじゃなかった。
きっと、テヒョン先生が私に言う好きって言葉は、きっとファンだから、生徒だから、そうわかっていても……にやけてしまう
     

テヒョン「碧?なに笑ってるの?」

碧「いや、なんでもありません‼」

テヒョン「そう笑」

あっテヒョンが笑った!今笑った!嬉しい😆

先生からー

テヒョン「えーみなさん、これから一年間みなさんの担任になります、キム・テヒョンです。わからないかともあると思いますが、お、お願いします。」

可愛い💠

碧「はいっ!」

生徒「きりーつ、気よつけ、れい」

生徒「ありがとうございました!」

やばい、死にそう。
始業式からこれは死ぬよ

春樹「おいっ部活行くぞ」

碧「あっうん!」

春樹心の声

あームシャクシャする
なんだよ俺、焼きもち焼いてるじゃねぇか

あー馬鹿馬鹿しい


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

テテペン
テテペン
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る