無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

〜新学年〜
114
2018/01/08 13:37
今日は、新たな1年生が入学してくる日。
あなた

今日から先輩だ!楽しみだなぁ〜✨✨

そんなこと思いながら支度を終える。
と、その時インターホンがなった。
あなた

はぁーい!

愛理澄
愛理澄
あなたー!早くー!
愛理澄だ!
私は急いで荷物を持ち、玄関のドアを開けた。
あなた

おはよー!待たせちゃってごめんね💧

愛理澄
愛理澄
大丈夫大丈夫!そんな待ってないよー(微笑み
あなた

よかったー、じゃあ、遅れないように急ごう!

愛理澄
愛理澄
うん!
と、家を飛び出した。
〜学校につき〜
クラスの書いてあるボードの所へ向かう
あなた

また、愛理澄と同じクラスがいいなぁ〜…

愛理澄
愛理澄
うん!そうだね!それより、人沢山い過ぎてボード見れないよ💧
あなた

ほんとだね…💧

どうしようと困っていると、郁斗と和馬が来る。
和馬
和馬
よ!あなた!愛理澄!おはよ!
郁斗
郁斗
おはよ、あなた。愛理澄。
あなた

あ!和馬、郁斗!おはよー!

愛理澄
愛理澄
二人ともおはよー!
和馬
和馬
お前らこんな人混みじゃ見れねぇだろ?w
あなた

そーなんだよー!困ってたの。和馬達は見える?

和馬
和馬
見えるに決まってるだろw
郁斗
郁斗
余裕。
あなた

お願い!私達のも見て?

と、身長が高い二人に上目遣いで頼んでみる
郁斗・和馬
((((   可愛すぎだろ?!////   ))))
愛理澄
愛理澄
((((   うわぁー…大ダメージだ。これは引き受けない訳には行かないよねw   ))))
和馬
和馬
ああ////
郁斗
郁斗
いいよ///
あなた

え?!ありがとう!(とびきりスマイル

愛理澄
愛理澄
流石!私のもお願いしますー!
和馬
和馬
分かってるって!
郁斗
郁斗
言われなくても見る。
愛理澄
愛理澄
えへへ!ありがと!
郁斗
郁斗
あ、俺達全員同じクラスだ。
和馬
和馬
ほんとだ。こんな偶然あるんだなww
あなた

やった!みんな同じクラス〜♪

愛理澄
愛理澄
やったね!✨✨
あなた

うん!(ニコッ

和馬
和馬
クラスも分かった事だし、教室向かうか!
郁斗
郁斗
そうだな。
あなた

うん!

愛理澄
愛理澄
はーい!
それから、みんなで楽しく話しながら教室へ向かった。
これからの日々に胸を踊らせながら。