無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

〜心配〜
104
2018/01/11 09:23
愛理澄たちのところへ戻り
愛理澄
愛理澄
あなたー!心配したんだよォ〜…!
ギューッと抱きしめてくる
あなた

わ?!ごめんね愛理澄。

と頭を撫でる
郁斗・和馬
((((   クソ…羨ましい…   ))))
愛理澄は、"いいだろ"とでも言うように郁斗と、和馬の方に目を向ける
郁斗・和馬
((((   イラァ〜…   ))))
和馬
和馬
あなた…、俺も心配したんだぜ?
郁斗
郁斗
俺も心配したんだよ?
あなた

へ?あ、ごめんね?心配かけて…

和馬
和馬
それだけ?
郁斗
郁斗
俺達には
和馬
和馬
何も
郁斗
郁斗
してくれないの?
あなた

へ…??

郁斗
郁斗
ほんと鈍感…
和馬
和馬
単刀直入に言う
郁斗・和馬
俺達にも頭撫でてよ。
あなた

え?あ、うん!いーよ?

と言い、和馬達を撫でてあげる
いかにも幸せそうに撫でられている和馬達は天にまでのぼりそうだ…💧
男子1
おいそこ!イチャついてねぇで、席つけ!担任もうすぐ来るぞ!
あなた

だって!急いで席つこ?

愛理澄
愛理澄
そーだね!
和馬
和馬
おう!
郁斗
郁斗
うん!
郁斗・和馬
((((   はぁー…もっと撫でてもらいたかったな…   ))))
と思いながらも席につく二人
愛理澄も席につき、
また新たな出会いをするとは知らずに、私も席についた