プリ小説

第11話

11
あなた

ほんとにするの?

涼介
あたりまえ
涼介はあなたの服を脱がした。
あなた

あ、まって!

あなた

下着は自分でする///

涼介
いいよ。
あなたは自分で下着を脱いで
胸を両手で隠している。
涼介
だーめ、
涼介はそういってあなたの手をどかした。
あなた

やっ、でもはずかしい///

涼介
んじゃー。俺も脱ぐ。
涼介はズボンを脱いだ。
あなた

////

涼介
あなた……
チュッチュッ
部屋に大きなリップ音が響いた。
あなた

んっ///
クチャ、
はぁ////

キスをしながら涼介はあなたの胸を
いじりだした。
あなた

んっんっ////

涼介
こっちも触るね//
涼介はしたの方にも手を伸ばしてきた。
あなた

きたないよ…///

涼介
きたなくないよ///
あなた

あうっ///

涼介
ここが気持ちいいの?
あなた

わかんなぃ///

涼介
今指何本入ってると思う?
あなた

っ///
1?

涼介
ちがーう、
3本
あなた

へえっ///

涼介
もう、入れていい?
あなた

やさし…くっ///

涼介
無理かもっ///
最初はゆっくりいれていたが、
半分入ると一気に入れた。
あなた

あんっ……///

あなた

いっ//

涼介
ごめん、気持ちよくするから。
涼介は腰を一定のリズムで振った。
涼介
そろそろ、イくかもっ///
あなた

わたしもっ///

ドピッ
あなたと涼介はほぼ同時にイった。
あなたはコテンと寝てしまった。
涼介はあなたの後処理をして、シャワーを浴びて寝むりについた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

やめました。
やめました。
よろしくお願いします