無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

163
2019/01/21

第14話

12
作者『ステラ』
作者『ステラ』
10話の内容を変えようと思います。
急にすいませんっ!!
では、始まり始まりー!!



少し話して、夕陽と別れてからー。
あなた

もー、なんで
言っちゃうの〜

斗羽
斗羽
いいじゃん、
本当の事だし
あなた

まあそーだけどさー

私は頰を膨らませた。
斗羽
斗羽
ごめんごめん、
もう言わないようにするって
あなた

ぶーぶー

あからさまに怒ってるよーにすると、
頭に大きな手が乗った。
斗羽
斗羽
ごめんね?
斗羽は、そう言って頭をぐしゃぐしゃっと撫でた。
たまにはこーゆーのもいいかもって思っちゃった私がいる。