無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
494
2019/01/21

第1話

〈第1話〉

藍
おはよー、あなた、奈緒、湊、そう!!
あなた

おはよー、みんな!

奈緒
奈緒
はよー、てかあなた、寝癖やば(笑
湊
おはよ、あなた、ちゃんと寝れた?
あなた

寝れたし!そんなに寝癖ヤバイ?

そう
そう
うん(笑笑
芸術だなー
あなた

ひど!

藍
まあまあ、早く学校行こうよ
こうやって、私の1日は始まる。これもすべて、当たり前の日常だ。
そう
そう
あなた、おまえ、そんなんだから
モテねぇんだよ
あなた

っ、お前には関係なーい!!

私が叫ぶと、そうは走った。
それをみんなで追いかけると、いつの間にか、学校の校門前。
そう
そう
はぁ、はぁ
ちょー疲れた・・・
奈緒
奈緒
何言ってんの!
こんなのラクショーでしょ?
あんた、ほんとに男子?
湊
奈緒、人には体力面にも
差があるんだよ。
あなた

奈緒は、陸部の長距離だから
走れるんだよ

藍
そんな事、もういいから
学校入ろ!!
私はこの時はまだ気づいてなかった。こんな、当たり前の日常にも、おさらばだって事を。