無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

335
2019/01/21

第2話

奈緒
奈緒
うわ、ウチ言えないけど、
朝から大変そー
校門に入った瞬間、野球部の「イチニ、イチニ!」の声が聞こえる。
あなた

ほんっと、それな

吹奏楽部で、野球部を応援しているにも関わらず、私は言った。
藍
私、委員会の仕事あるから、
先に行くけど、いい?
湊
もちろん、いいよ
頑張ってね。
そう
そう
おー、あなたとはちがく、
真面目だなー
あなた

うるせー!!

そう言いながらも、みんなで藍を見送った。
朝の時間は、流れが早くて、すぐにダルい授業の時間になった。
あぁー、授業メンドくさっ!