無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

307
2019/01/21

第3話

ダルい授業が終わり、ついに大好きな部活!
あなた

やったー!!
やっとだー!!

そう
そう
お前、マジうるせー
湊
まあまあ、あなた、
早く行こ
あなた

湊!
まってー!

私は自分のトランペットを持って急いで音楽室に行った。
あなた

せんぱーい!
遅れた?

私は、先輩である結奈に話しかけた。
結奈
結奈
全然!
むしろすっごい速い
湊は、同じ吹奏楽部なものの、サックスのパートで、離れるため、先輩と練習室に行った。
結奈
結奈
みんないるみたいだし、
始めちゃおー!
私は、大好きなトランペットを手に取った。