無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

95
2019/01/21

第30話

28
あなた

うぉ、なんだこの小説は?!

そう
そう
あなたが小説読むとか、
珍しいな
そう
そう
マンガか、もしかして
あなた

ちゃんとした本!!
貸してあげるから読んで見ろっ!

そう
そう
....おう
そうが本を読むなんて....
とか思いながら本を渡す。
わたして、それぞれ家に帰る。その時思った。
[帰って来なかったらどうしよう]と。
あなた

...無事に帰って来てくれ、本ちゃん!!

アホみたいに呟いて、本の無事を祈った。