無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

100
2019/01/21

第29話

27
〜前日〜
そう
そう
ばーか、
ばーかっ(笑
あなた

なんだとっ、(笑笑
そうの方がバカだっ!!

これが、斗羽に妬かれた会話。
だと思う。


私たちにとっての『普通』は、
斗羽にとっての[ヤキモチ]の対象らしい。
そう考えると、斗羽って可愛いよね...。
〜仲直り後〜
斗羽
斗羽
同じように
「ばか」って言ってみて?
あなた

え、なんで??
ついにどMになったの??

斗羽
斗羽
違うから。
いいから言って?
斗羽の上目遣いの攻撃。
あなたは萌えた。
そして、諦めた。
あなた

・・・ばーかっ!!

斗羽
斗羽
......
斗羽
斗羽
あなたのそーいう所、
めっちゃ好き。
そして顔が近づいてきて...。


察して。
あなた

・・・と、斗羽!?
なにしてんのっ

斗羽
斗羽
何って、キス?
平然を装っている斗羽の顔も、少し赤い。
あなた

もう、斗羽...
大好きっー!!

斗羽
斗羽
うおっ
斗羽に抱きつく。
背中は大きく、いつも以上に斗羽を近くに感じた。