無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

266
2019/01/21

第6話

靴に履き替えて、裏庭に向かった。もちろん、トランペットを持って。
あなた

あー、やっぱいいなぁ、
この場所。

夕陽
夕陽
ん?誰?
あ、もしかしてあなたさん?
あなた

え?あー!さっきの人だ!

夕陽
夕陽
....?さっき?
あなた

こっちの話、じゃましちゃった?

夕陽
夕陽
大丈夫、トランペットだよね、
ここ、使っていいよ。
夕陽は、私の事を知っていた。なんか、優しいなーって思った。
あなた

ありがと。では、、、

遠慮なく、トランペットを手にとって、お世辞でも上手いとは言えない音色を、私なりに頑張って吹いた。
それに私は夢中だった。