プリ小説

第6話

登校中
あなたside
昨日のりくとなんだったんだろう。


なんか、すごい顔してたけど,,,

聞いてみよーかな



にしても、最近よくりくとのことばっかり考えてる気がする,,,

恋??,,,んなけないよね??
りくと
ぉはよ,,,
あなた

あっ、おはよ

なんと、すごいタイミングで一緒に登校中,,,
昨日のこと聞いていいのかな??



よし!思いきって聞こう!!!!
あなた

あのさ

りくと
あのさ
あなた

あっ、お先にどうぞ

りくと
いや、逆にどうぞ
あなた

じゃー、聞くよ?

りくと
うん
あなた

昨日の言おうとしてたことはなんなん?

りくと
あっ、俺もその事について言おうと思ってさ
あなた

うん,,,

りくと
あなたはホントにれんのこと好きなんだよな?
あなた

えっ、うん😳

りくと
あの、あなたには悪いけどれんはやめた方がいい。
あなた

なんで?
応援してくれるんじゃなかったの?

りくと
そりゃ、そーなんだけど,,,
俺はあなたのことを思って,,,
あなた

もぅ、いいよ。
やっと、りくとと仲良くなれたと思ったのに,,,

お先に

りくと
おい!あなた!
待てって❗
なんなん?
りくと、応援してくれるって言ったのに,,,
ひどいよ😭

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

なぁー🍒
なぁー🍒
初心者なのでうまいことかけないと思いますが、頑張りますのでよろしくお願いします🙇