無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

昼休み
あなたside




今、私は片想いをしている。
それは、吉田れんくん。



運動神経がよくて、頭もよくて、私的には悪いところなんてないと思っている。
しかし、友達からは、れんは人の不幸を見て笑ってんだよwwとか、冷たすぎるじゃん!とか、言われてる。



まぁー、そんなことはおいといて、れんくんとクラスが離れちゃって、少し悲しい😢
でも、今私のクラスの方に来てる!
れん
りくと!
りくと
なに?
あっ、れんくんとりくとは仲がいいそうです!
気に入らんけど,,,
れん
あっ、あなたが隣なんじゃ。
2人喧嘩すんなよー
りくと
はいはい。
あなた

何人に言われたことか,,,
れんくんは、誰が隣なの??

れん
俺のとなりは、いないよ。
1人席だからww
りくと
ふーん,,,
あなた

そんな席あんの!?笑笑

れん
うん笑笑
あっ、そんなことより、りくと音楽の教科書貸して!
りくと
はいよ。
ちゃんと返せよ!!
れん
ういー
れんくん、音楽室に行っちゃった
りくと
なぁー、あなた
あなた

なに??

りくと
あなたさ、れんのこと好きだろ?
あなた

えっ?いや、えっと,,,

りくと
図星かよww
あなた

誰にも言わんでよ!!

りくと
了解です!
俺ならいつでも相談のるから
あなた

どうも、ありがとー。

私とりくとは少しずつ仲良くなっていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

なぁー🍒
なぁー🍒
初心者なのでうまいことかけないと思いますが、頑張りますのでよろしくお願いします🙇
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る