プリ小説

第7話

登校中
りくとside
昨日のことちゃんとあなたに言おう!!
ん?あれ、あなた??
りくと
ぉはよ,,,
あなた

あっ、おはよ

あなただ。
人間違いじゃなくてよかった。



じゃなくて、言わんと!!
りくと
あのさ
あなた

あのさ

やべっ、ハモったww
あなた

どうぞ

りくと
いや、逆にどうぞ
あなた

じゃー、聞くよ?

りくと
うん
あなた

昨日の言おうとしてたことはなんなん?

ちょうどええやん!
チャンス到来❗❗❗❗
りくと
あっ、俺もその事について言おうと思ってさ
あなた

うん,,,

りくと
あなたはホントにれんのこと好きなんだよな?
あなた

えっ、うん😳

なんで、照れるんだよ😒
りくと
あの、あなたには悪いけどれんはやめた方がいい。
あなた

なんで?
応援してくれるんじゃなかったの?

りくと
そりゃ、そーなんだけど,,,
俺は、あなたのことを思って,,,
あなた

もぅ、いいよ。
やっと、りくとと仲良くなれたと思ったのに,,,

お先に

りくと
おい!あなた!
待てって❗
やばい、泣かせてもーた。

そんなつもりじゃなかったのに。
でも、あなたをれんには渡したくない。
ん?
なんで、俺、こんなこと思うんだ?



俺、恋してる,,,?
んなわけないよな,,,

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

なぁー🍒
なぁー🍒
初心者なのでうまいことかけないと思いますが、頑張りますのでよろしくお願いします🙇