無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

きっかけ
私のお父さんとお母さんは仕事が忙しく、家に居るのはたまにしかいない。だからいつも屋敷には爺、メイド、私ぐらいしかいない前に友だちを誘ったことがあるが、遊び終わったらまた1人…そんなある日
未来
未来
久々にお洋服とか見たいしお出かけしよう!
爺
おやお嬢様、お出かけですか?
未来
未来
えぇ、お洋服を見に行くわ、
爺
ならばお供いたします
車を出しますね
未来
未来
いいえ、歩いていきます
爺
わかりましたではさっそくいりましょう
………………………………………………………
買い物が終わり屋敷な帰ろうとしたすると
(?)
すみません、ちょっとお話いいかな?
未来
未来
わたしですか?
(?)
私は米本と言います。私はこういうものです
未来
未来
JTgirls…あ、あの有名な雑誌だ
(米本)
それでね単刀直入にいうと、君にモデルをやってもらいたいんだ。
世にいうスカウトってやつだよ笑笑
爺
おめでとうございますお嬢様!
未来
未来
(モデルになれば、一人の時間が減るのかな…
未来
未来
ねえ、爺、私モデルやってみたい!
爺
さようでございますか。わかりました!
では、父上と母上様にお伝えしておきます
未来
未来
ありがとう、爺
ここから私のモデル活動が始まったの