無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

*⑧
はぁ。

あとどれくらい

生きれるんだろ。

あなた

お風呂入ろ…

サグワ
サグワ
待って俺も行く…!
あなた

良いよ(○´ー`○)

サグワ
サグワ
先行ってて
後で、行く!
あなた

分かった〜(棒

マホト
マホト
((ずる。
ジン
ジン
俺も行こ
マホト
マホト
お前が行くなら行く
ジン
ジン
( ´,_ゝ`)
マホト
マホト
あ?
ジン
ジン
ʅ(´⊙౪⊙`)ʃ
マホト
マホト
ジン
ジン
行こ。
✄---------キ リ ト リ ---------✄
あなた

サグワおそ

ガチャ
ジン
ジン
はいんぞ
マホト
マホト
あなた

ヘッ//?なんで?サグワは??

ジン
ジン
しらね
あなた

((バスタオルしてて良かった…

マホト
マホト
ってゆうか、あなたって
いつもすっぴん?
あなた

一応、デキモノ出来たらファンデーション
塗るぐらいかな?

マホト
マホト
ふーん。肌綺麗
あなた

…//ありがと

サグワ
サグワ
あなた〜ってあれ??
あなた

遅い

サグワ
サグワ
ごめん
ジン
ジン
怒られてやんのwww
あなた

((ジンに水をかける

ジン
ジン
おい あなた
あなた

なに

ジン
ジン
水かけんな💢
あなた

ごめんごめん(棒

マホト
マホト
寒いからドア閉めて
サグワ
サグワ
わかった
あなた

お風呂広いのに
なんで私サグワの膝の上なの

サグワ
サグワ
良いじゃん
ジン マホト
良くねぇよ💢
サグワ
サグワ
俺が一緒に入ろって言ったからね
あなた

頭洗う

マホト
マホト
俺洗ってあげる
あなた

ありがと

マホト
マホト
痒いところはありませんか?
あなた

ありません

マホト
マホト
分かりました
頭は洗い終わった
ジン
ジン
あなた、体洗ってあげようか(   ͡° ͜ʖ ͡° )
あなた

いやだ

マホト
マホト
じゃあ俺は
あなた

むり

なんだ。
視線が…w
あなた

なに?

ジン
ジン
体洗わないのかなぁーと、
あなた

きもい

ジン
ジン
つら
あなた

はずい

マホト
マホト
あ!どっかに水着無かったっけ?
ちょ、サグワ取ってきて!
サグワ
サグワ
了解ー
え、私に
ビキニを着ろと。
全裸も嫌だけど
それはそれで嫌だ
サグワ
サグワ
持ってきたよー
マホト
マホト
ん!これ、来ていいよ
あなた

あ、あの向こうむいてください〜

ジン
ジン
しゃーなしな
あなた

ありがと

そう言って
着た

久しぶりだ。
あなた

みてもいいよ

サグワ
サグワ
うわ
マホト
マホト
わわ
ジン
ジン
スタイル良
サグワ
サグワ
ご飯ちゃんと食べてる?
あなた

食べてるよ

マホト
マホト
もっとちゃんと食べなさい。
あなた

食べてます

ジン
ジン
もっと食え
あなた

嫌です

サグワ
サグワ
何故ですか?
あなた

太りたくないからです

ジン
ジン
ちょっとぐらい太れよ
あなた

絶対ヤダ

マホト
マホト
痩せすぎね
サグワ
サグワ
そうだね笑



ご飯をいっぱい食べる事が

出来ないんだ。

食べても吐く。

だから

残して少しだけ食べる。

少しの量でもね、

みんなで食べると美味しいよ。
ナレーション:そう思っていたら

みんなでお風呂を出ていた。
あなた

気持ちよかったぁ。

ジン
ジン
エロw
あなた

そう考えるジンもエロいw

サグワ
サグワ
確かに
ジン
ジン
うるせー((棒
あなた

ごめんなさぁい((棒

ジン
ジン
ゆるさん
あなた

え、マジか。

マホト
マホト
アイスいる人
あなた

は〜い

サグワ
サグワ
俺はあなたの貰う〜
あなた

あげないからね?

サグワ
サグワ
え、じゃあ、俺も
マホト
マホト
んじゃ,買いに行ってくるわ
あなた

それだったら、私も行く

※かわぐちさんはねました。
サグワ
サグワ
えーじゃあ俺も
マホト
マホト
みんなで行くか!
あなた

さんせー

サグワ
サグワ
GO!!
スーパーに行くか、コンビニに買いに行くか。

お二人が口論中です。((あなたとマホト))
あなた

絶対,スーパーでしょ

マホト
マホト
なんで?コンビニの方が近いじゃん
あなた

コンビニの方が高いし

マホト
マホト
そういう問題?別にあなたが買うわけでもないじゃん
あなた

でも,スーパーの方が種類いっぱいある

サグワ
サグワ
あ〜もぅ!早く決めてよ〜!
あなた

んじゃあ,帰ったらなんかするから…ね?
スーパーにして〜

マホト
マホト
言ったな?何でもやれよ?笑
あなた

できる範囲であれば

マホト
マホト
んじゃあ、スーパーで
なんやこんなでアイスを買いに行ったのは
_人人人人人人人人_
>  スーパー  <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄