無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

王子と出会い
数日がたったがまだ学校に慣れず、放課後に靴箱を探していると。
山田涼介
山田涼介
あ、櫻井じゃん。
中島健人
中島健人
涼介、あの子誰?
山田涼介
山田涼介
うちのクラスのやつです。
中島健人
中島健人
へー。何ちゃん?
山田涼介
山田涼介
確かみなみって言ってました。
私には2人の声はまだ聞こえなかった。
中島健人
中島健人
気付いてないみないだね。
山田涼介
山田涼介
そうですね。あいつ何やっているだ。
中島健人
中島健人
声掛けてみるわ。
中島健人
中島健人
みなみちゃん‼
私は気づいてびっくりして振り返った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

やまみな
やまみな
アイドルヲタクです。
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る