プリ小説

第13話

もしもDa-iCEになれたら。
前回のBBQの続き。

じゃんけんに勝った大輝君と買出しに行く事に·····
大輝
えーと、キャベツ、玉ねぎ、ウィンナー、なす···あなたあと食べたいのある?
あなた

とまと!

大輝
あ!良いね!冷やしとまとにしよ
あなた

うん!

大輝君なんか買い物カゴ似合うなぁー(笑)

真剣に選んでるのちょっと可愛い♡
大輝
ん?なんだよw
あなた

べつにーw

大輝
ふぅーん
大輝
あ、ねぇ、買い物終わったらさそこのベンチでアイス食べない?
あなた

え!怒られないかな?

大輝
だーいじょうぶだって!
大輝
さ、アイス買お!
あなた

うん!

30分後

大輝
たっだいまー
あなた

ただいまー!あ!火がついてる!

おっそいよキミたち!おかえり!
雄大
あ!とまとときゅうり!丁度欲しいねって話してたんですよー!
大輝
それさ、冷やして食お
あ、それ最高
大輝
颯ー、ナス買ったよ
おぉー!やった!沢山ある!ありがとうございます
徹が、ダンボールを畳もうとしたところにレシートが落ちた。
ん?何このレシート
大輝
だぁ!!それダメ!
·····アイス?
おい、そこのヲタク
2人「はいっ!」
お前ら!遅いと思ったらアイス食べてなぁ!
大輝
しまった、隠滅し忘れた
あなた

徹君ごめんなさーい!

まぁ、あなたは許すとして
あなた

(よし!)

大輝
え!なんで!
めんは、皿洗いな
大輝
えー!!なんで俺だけ!
どーせお前が誘ったんだろ
Σ(=ω=;)ギク
大輝
(徹鋭い·····)
てなわけで、食後の皿洗い頼んだ
大輝
徹の鬼ー!!
あなた独り占めしたバツですー♡
雄大
お肉焼きますよー!
あなた

わぁ!食べるー!

大輝
ま、あなた可愛いからいっか!
大輝
俺も肉焼くー!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

asuka
asuka
よろしくお願いします