プリ小説

第6話

はじめての看病2
ピンポーン
あなた

はーい、ケホッ

...大輝!!?え!どうしたの!

大輝
おじゃましまーす
看病しにきた。
あなた

え、嘘

大輝
なんでここまできて嘘つくんだよ(笑)
あなた

てか、何その大量の袋

大輝
ま、いいから風邪ひきさんはお布団行こーな
あなた

..う、うん//

貴方side
びっくりしたー!電話急に切れて寂しいなって思ってたら来たんだもん。

しかも冷えピタとかポカリとか沢山買ってきてくれて嬉しい。
大輝
38.2かぁ、熱まだあるなぁ。

ご飯食べた?
あなた

んーんー、
食欲なくて食べれてないや

大輝
やっぱり。お前さては薬飲んでないな
あなた

え、の、飲んだよ

大輝
嘘つけ目が泳ぎまくりだぞ
大輝
はぁ、たく(笑)
お粥食う?食べれなかったらアイスあるけど
あなた

アイスもあるの?!

大輝
うん
買ってきた。ほら!バニラ
すきだろ?
あなた

たいきぃー

ぎゅー
大輝
わっ!//ちょっ、何?//
あなた

ありがとう...泣

大輝
泣くなよw

どうしたんですか?熱で甘えん坊さんになったんですか?
あなた

甘えていいの?

大輝
いいよ(笑)なんだよ今更
大輝
アイス食べる?お粥食べるなら作るけど
あなた

え!レトルトじゃないの?

大輝
うん(笑)
雄大にレシピきいた
あなた

作れるの?

大輝
まー、わからんがやってみる!
とりあえず、大人しく寝てろ
あなた

はぁーい。(心配だな)

寝てろと言われたので、寝室に来たが、やっぱり心配でこっそりキッチンまできてみた(笑)
大輝
これで、20分ほど弱火にしたまままつ。

お粥ってこんな大変なのか…。レトルトに勝ったな
あなた

ぷっははっw!

大輝
あれー?誰かなー今笑ったのは
あなた

ご、ごめん。心配で見に来ちゃった...。

大輝
大丈夫だって!あと20分まつんだって。
あなた

ありがとう!だいぶだるさは抜けたよ

大輝
ほんとかー?
あなた

ほんとだって!

大輝
どれ
そう言い私のおでこに手を当てる大輝。
あなた

//

大輝
顔赤いけど、あー、確かにさっきよりはマシかもな
それから、私は寂しかったので火加減?を見てる大輝を時々チラ見しながらソファで横になる。
20分後
大輝
おぉ!あなたお粥できた!
めっちゃ美味そうだよ!
あなた

んー...あー、寝てた(笑)

ん?いい香りー

大輝
みて!ほら、お粥
あなた

わ!美味しそう!土鍋で作ってたの?!

大輝
うん、お米が甘くなって美味しいんだって
あなた

雄大君からきいたやつ?

大輝
うん、時間かかってごめん
あなた

ううん!凄い嬉しい!これ食べて元気になるね!ありがとう大輝

大輝
...どういたしまして//
てっきりレトルトとか簡単な雑炊系だと思ってたら結構ガチなお粥でびっくり(笑)
しかもちゃんと梅干しとたくわんがある。こういう優しいところほんとに好きなんだよね。
大輝
熱いかも(笑)

フーフー←冷ましてくれてる
あなた

え、いいよ//それくらい自分で...

大輝
今日は甘えてくれる日なんでしょ?
あなた

うっ、うん

大輝
ふふ(笑)
はい、あーん
あなた

..あーん//ん!!美味しい!
めっちゃお米甘くて美味しい!

大輝
え、ほんと!?
大輝
俺もたべよ
あなた

うつるよ?!

大輝
いいよ(笑)おれユンケル飲んだしよゆー

ん!なにこれ!お粥じゃない!
あなた

いや、お粥だよまぎれもない

大輝
いや、そう錯覚するくらい上手い...!
土鍋借りて正解だなぁ
あなた

借りたの?誰に?

大輝
あなた

そうだったんだー

大輝
はやてにもアイス買って渡してきた
あなた

私からも治ったらお礼しとこ

大輝
そうだね(笑)

全部は多いと思うから残して夜食べていいから
あなた

あ、うん

大輝
大丈夫、今日は泊まる。

お前1人残して帰らないから。デートまた次の休みにしてさ明日もお家デートにしない?
あなた

え、でも...

大輝
俺、早々風邪ひかないから大丈夫!
だからさ、
あなた

そういい、そっと私を引き寄せて抱きしめる。
大輝
甘えて?もっと沢山甘えてよ
あなた

う、うん//

あなた

あ、お粥もういいよ!
ご馳走様でした!

大輝
アイスはいる?
あなた

まだいいや(笑)お腹いっぱいだから

大輝
食べたくなったら言って
あなた

はぁーい

大輝
はい、あなたちゃん
あなた

な、なに?

大輝
お薬飲もうね
あなた

いや

大輝
だーめ!デート行けなくなるぞ?
あなた

それはいや

大輝
だろ?俺もいやだよ
大輝
ゼリーと一緒なら飲める?
あなた

もっと嫌

大輝
はぁ、なら....
グイ
あなた

へ...!

あなた

ちょっ..//んっ//

急に腕を捕まれたと思ったらそのままソファーの背もたれに押さえつけられるような体制で気づいたら大輝の舌が苦い味と一緒に私の口の中に入ってくる
あなた

ん、ふっ//あっ//

大輝
あー、苦かった
あなた

ちょっと!

大輝
ん?w
飲めたじゃん👏
あなた

いや、そうだけど、普通の倍苦かったし

大輝
だから言ったじゃん

ま、俺は苦いの平気だし、あなたの甘い味プラスされてて美味しかったけど
あなた

ばっ、ばかっ!///

大輝
ははっ!元気になってきたじゃん!お粥効いたんじゃね?
良かったな
あなた

確かに...そうかも

大輝
ま、油断大敵って言うし、寝室戻ってゆっくりしよ
寝室に戻ってベッドに入ると大輝も一緒に布団の中に入ってきて、そのままハグされて寝る体勢に....
あなた

ほんとにうつっても知らないからね

大輝
そしたらあなたが看病して
あなた

わ、わかった

大輝
ふふw

あったかいな、熱あるせいか余計あったかい
あなた

くすぐったいよ

大輝
スースー
あなた

え?

あなた

大輝?

あなた

おーい、たぁーくん

大輝
んー....スースー
あなた

寝てる(笑)

あなた

疲れてたんだ...
ごめんね、ありがとう

寝ている大輝のおでこにバレないようにキスをする
大輝
ん、
あなた

おやすみ、大好きだよ

その日はいつもよりぐっすり眠れて翌日には風邪も回復してました


おまけ
想太
ねえ、大輝君俺のLINEに
ネギ、米、梅干しってきてたやつなんだったんですか(笑)
大輝
あ、メモと間違えて想太に送ってた(笑)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

asuka
asuka
よろしくお願いします