第2話

きっかけ
64
2018/01/11 09:46
桜子(さくらこ)
ねえねえ!貴也があなたのこと好きなんだって!
あなた

はあ?絶対嘘でしょ!何言ってるん?

桜子(さくらこ)
いやいや、嘘じゃないって!
あなた

それだったら絶対罰ゲームかなんかだよ!

桜子(さくらこ)
それはないでしょ!
ある日のこと。友達の桜子が教室でそう言ってきた。
その時貴也とはほとんど関わりがなく、話した覚えがあるのは去年の行事の実行委員で一緒になったときだけだ。
第一、貴也は学年1のイケメンで、私なんかを好きになるなんてあり得なかった。
あなた

んー。絶対罰ゲームだと思うんだけどなぁ。

桜子(さくらこ)
絶対それはない!
そんなことを言われたが、私は全く信じられなかった。

プリ小説オーディオドラマ