第7話

LINE
54
2018/01/20 09:54
あの後、私と貴也はLINE交換をした。
ガチャッ
あなた

ただいまぁー

お帰りー!お母さん今日仕事の用事で夜家にいないから、お父さんとご飯食べといてくれる?
あなた

んー。わかった。

私は自分の部屋にバックを置き行く。
ピコンッ
あなた

ん?LINE?

机の上に置いてあるスマホを見ると、
Takaya:よろしくお願いします。
と表示されていた。
あなた

貴也!?LINEはっや

私は制服も脱がずにベットに座り、早速LINEを開いた。
Takaya
Takaya
よろしくお願いします。
今日は突然ごめんな。
♡♡
♡♡
よろしくねー!
ううん!大丈夫だよ☺️
LINE
すぐに既読がついた。
Takaya
Takaya
そういえば俺らってあんまり話したことないよな。
♡♡
♡♡
だよね。今日声かけられた時はびっくりしたよ笑
Takaya
Takaya
そうか。ごめんごめん笑笑
あなた!行ってくるねー!ご飯ちゃんと食べるんだよ!
貴也とLINEをしていると、母に声をかけられた。
もう行く時間のようだ。
あなた

いってらっしゃーい!!

その後私は、30分ほど貴也と話した。
貴也は話してみると意外といいやつで、楽しかった。
LINE
Takaya
Takaya
なあ、これからは、学校とかでも声かけていい…?
♡♡
♡♡
うん!もちろんだよ!
Takaya
Takaya
ありがとう!

プリ小説オーディオドラマ