プリ小説
一覧へ

第2話

プレゼント選びの帰り道
12月に入り街がクリスマスムードになってきた頃
あなた

あぁ、寒いな~...。それにしてもこうして5人全員で帰るのなんてひさしぶりだね!

無神ルキ
無神ルキ
確かにそうだな、家畜の主人が...いや、あなたが一人を選んでからはあまりこうして全員で帰ることはなくなったからな
無神コウ
無神コウ
そうだね、エム猫ちゃんが...あなたちゃんが決めてからは皆で帰ることなくなったし、こうして兄弟全員とあなたちゃんと帰るのはひさしぶりだね!
無神ユーマ
無神ユーマ
そうだな、たまにはこうして全員で帰るのも良いよな!まあそれもクリスマスプレゼントの準備のためだったけどな
無神アズサ
無神アズサ
クリスマスは、皆で過ごせるの楽しみ、だなぁ!イヴの日は別々だけど
あなた

そうだね、皆で過ごすクリスマス、私も楽しみだよ!

そう、今年は初めてのクリスマスイヴは大切なあの人と過ごし、クリスマスは皆と一緒にクリスマスパーティーをする。大切なあの人が皆でクリスマスパーティーをすることを許してくれて良かった、楽しいクリスマスになるといいな!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

無神結衣
無神結衣
乙女ゲー、声優が大好きです(^-^)よろしくお願いします♪リクエストあったらお受けします!2月17日、国家試験が無事終わりました!あとは来月の合格発表までですがぼちぼち学校があったりするのであまり多くは出来ないと思いますが小説作り復帰します!w