無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

102
2018/01/31

第5話

「おい清水、ちょっと来いよ」
「はいはい?」

私を呼んだのは学級委員の高城君。
私に何の用でしょうかねぇ?

高城君に着いて行くと誰も居ない北校舎4階の踊り場の階段に到着。

「なぁ、お前。俺の事どう思ってる?」
「ん〜…」

考え込んじゃいます。だってこの阿呆作者、高城君をいきなり伍話に登場させるんですよ?ちょっと頭悪いにも程が有りますね。どう思ってるって言われても…初登場の高城君と私は初対面なんですけど?まぁ作者の阿呆加減を無視してストーリー進めましょう。

「頼りになりますね♪」

取り敢えず学級委員設定なので上っ面の言葉を並べておきますか。
え?
裏話やめろって?
ごめんなさ〜い(棒読み)

「そうか…俺は清水の事好きだ」
「……」

え、いきなり初登場高城君に告白されても…あ、いえ何でもありません。

「私の何処を好きになったんですか?」
「顔。」

高城君もですか…これはお断りしなけれb…

「なんてな?」
「へ?」

キャラに合わない間抜けな声が漏れてしまいました。不覚にも。
それにしても"なんてな?"どういう意味なんでしょうか…

「それって…?」
「お前の性格、俺は好きだよ」
「え…?」

胸の秒針がカチカチと鳴り止みません。五月蝿いなぁ…

「人間観察、好きなとこ。お前は悪趣味なんて言ってるけどいいと思うぞ。その人と関わるきっかけ作れるかもしれないしな。」
「…//」

何か変な気分ですね…頬が熱い…?

「あと、優しいよな。困ってる人、助けてるよな。行事等の活動にも積極的だしな」
「…///」

やめて下さいやめて下さい。
なんか気分がクラクラしてます…。

「そういうとこ、全部…」

駄目駄目。これ以上言葉を続けたら私は…!

「好きだよ」
「〜っ/////」

顔が…身体が茹でた蛸の様に紅潮します。
うわぁぁぁぁぁぁぁ!!

「なぁ清水、俺の事好きじゃなくてもいいからさ、時間くれよ?」
「は、はい…」
「今日からお試しとして、彼氏になってもいいか?」
「駄目です…」

馬鹿な私。捻くれた私が変な事言っちゃいますよ?
大きく息を吸う。

「私の彼氏、お願いします」