無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

9個目の月
この時間に、公園には誰もいないようだ。

ベンチに座って一息ついた。

「ねぇ、あの人に言うわけ?」

「なにを?」

「あなたたちの前世のこと」

「…私、麗に隠し事したくないの」

「うそはやめてよ」

「うそ…?」

うそ、なんかはついていない。

隠し事を彼にしたくないのは本当だ。

「彼に隠し事をするのが嫌なんじゃない。誰かに隠し事をしている自分が嫌なだけでしょ」

「そんな…ことは…!」

「じゃあ、言い返せる?無理でしょう?ねぇ、あなた…」

鈍器で頭を殴られたような気がした。

目の前がクラクラする。

いや!!

言わないで!!!

お願いだから!!

お願いだから…

よくわからない感情が胸を締め付ける。

そんなこと、痛いくらいに、わかってたのに。

「あの人のこと、本当に好きなの?」

「ああ…あ……あぁ…」

耳を塞ぎたくても、それができなかった。

言いたいことが、表せなかった。

ただただ、

気がついてしまった、それだけで

自分がこんなにも壊れていく。

「違う…私は、ちゃんと…」

「『ちゃんと』なんなの?あなたが愛しているのは所詮自分でしょ?」

「ちがう!…ねぇ、違うよね?」

そんなこと聞いても、返事が返ってこないことぐらいわかってた。

「まあ、私はどっちでもいいわ。あなたがあの人に伝えても伝えなくても。あー、そうだった。あなたあの人に伝えるんだったっけ?」

彼女の、イブの顔がずいっと近く。

少しだけ幼げの残る顔が、楽しそうに歪んでいた。

「言いにくいようだったら私が言ってあげる。あー、そうだ。私が言えばいいわ。そうしようか?じゃあ早速言ってこようかな」

「まって!!!お願い!!やめて!!」

気がついたら、私は彼女を止めていた。

結局私はなにをしたいんだろう。

「……なに?」

「………」

「ハァ…、どっちでもいいけど、このままだとあの人も不幸になるよ」

『つまんないの』

彼女はそう言った気がした。

そうして、気がついた時には公園には私だけしかいなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りんごあめ
りんごあめ
りんごあめです!よろしくお願いします。}m(_ _)m 好きなものは ・おそ松さん ・ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 ・カゲロウデイズ ・ナカノヒトゲノム【実況中】 ・銀魂 ・ボカロ ・そらまふ ・うらさか ・天月 ・浦島坂田船 ・96猫 ・クプラ ・あるふぁきゅん+a ・伊東歌詞太郎 ・夏目友人帳 ・蛍火の杜へ ・妄想 ・殺伐シェアライフ ・君の膵臓をたべたい ・殺戮の天使 などです。}(*゚▽゚*) この中で最近ハマってるのは ・歌い手 ・殺戮の天使 ですね}+゚。*(*´∀`*)*。゚+ あ!ちなみに永遠のcrewで、坂田家です!! 吹部でクラリネット吹いてます。♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪ お話できたら嬉しいです。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る