無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ばれた…


私はともさんの画像に向かって
話しかけてた
あなた

やばいよー
ともさんだったら
心臓が持たんよ😂

赤髪のとも
なーに喋ってるのー?
あなたちゃーん
私は今までにないくらいの
ありえないスピードで
ケータイを隠した笑笑
あなた

な、な、な、なんでもあ、ありません

赤髪のとも
なんでそんなに硬いの笑笑
ごめん。ともさん似の緋也先輩。
わっち心臓持ちません。
恋愛的でも
画面の中の人って意味でも
わっちは大好きなんす。
あなた

付き合いたい((ボソッ

赤髪のとも
ん??なんか言った?
あなた

いや、なんでもなi))

📞(ダイヤモンド~💎)
はい、死んだー
あなた

チ───(´-ω-`)───ン

赤髪のとも
ダ、ダ、ダイヤモンド・・・ 
だね!あはは(棒)
あなた

緋也先輩。
もう棒ですよ。

赤髪のとも
んーもー。
赤髪のともですよ。
あなた

ほんとですか?
あ、あ、赤髪のともさんなんですか?

赤髪のとも
ほら。Twitter
LINEも見せてあげるよ。
グループ。
ん?このアイコン・・・
あなた

このアイコンの人って・・・

赤髪のとも
あー、とりちゃん?
あなた

きぃ兄・・・
ともさん、これとこれは?

赤髪のとも
それは、くみさんとアイクさんだよ~
あなた

あおいとみく・・・

赤髪のとも
知り合い?
あなた

幼なじみ。多分。
でも、アイコンのマーク一緒なだけかも。






遅れてすみませんby🌻