無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

出会い
わたしは高校生のころから
よく一人でいるようになった。
人見知りもそうだけど、
裏切られたのが原因。
今でもトラウマで
あまり人と話したくない。
唯一話せるのは
幼馴染のみくとあおいときぃ兄だけ。

だけどあの日から変わった。


それは四年前。
入学してすぐだった。
することがなくて久々にYouTubeを開いた
すると面白そうな動画。
「あかがみんクラフト」
仲良さげなみんな。
あー。あんな友達ほしい。そう思った。
そのとき、「ともさん」「がっちゃん」
そう呼ばれる1人の男の人の声が
わたしの心をつかんだ。


きめた。



























わたし、この人の為に生きる。


別にいきてたっていいことないし、
将来の夢なんてなかった。
ずっと、高校でも1人なら
死ぬ気だった。
だけど、この人の声と、
ちょっと腹黒い人柄に一目惚れした。






ともさん。わたし、あなたのこと
好きでいてもいいですか?






死ぬ前に現れてくれた

わたしの神様。