無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第22話

ストーカー
最近の話
あなた

まただよ・・・

誰かにつけられてるの

私が早く進むと

後ろの足音も早くなるし

すっかり忘れてたけど

自分元々ちょっと人間不信なとこ

あるし

コンビニに行こう。

明るいところに行こう。

怖すぎる。


プルルルルプルルルル
赤髪のとも
📞もしもーし
あなた

📞とも?今ね私の家の近くの
コンビニにいるんだけど
迎えに来て?

赤髪のとも
📞え?まぁいいけど
あなた

📞ごめんね。ありがとう。

電話を切って外を見てみると

ずっとこっち向いてる人いて

タバコ吸ってる。

顔はいかつくて

でもどっかで見たことある。
あなた

はやく、きて

半分泣きそうになった時

外にいた人がコンビニの中に入ってきた

そしてこっちに向かってきた

私は少し小走りでその人とは逆方向に歩き出した

そしてそのまま外に出た
赤髪のとも
あなた!
あなた

とも〜(泣)

そのとき肩を叩かれた
あなた

やだっ(泣)

??
久しぶりっすともさん。あなたさん
私の名前も知ってる

ともの名前も知ってる?

振り返るとずっと追っかけてきてた人
赤髪のとも
おお!showさん!
あなた

showさん?!
ご、ごめんなさい。
ずっと逃げて・・・

赤髪のとも
あ、showさんから逃げてたの?!
あなた

だ、だってくらい時間に
誰かに追いかけられたら
怖いじゃないですか・・・
ココ最近ずっとだったし

show(しょうた)
ごめんなさい笑
いや、あなたさんだなって
話しかけたいんだけど
あなたさん足早くて笑
毎日追いかけてたんだけど
追いつかなくて
それでコンビニ入ったの見て
俺も入ったんす笑
赤髪のとも
まぁあなた無事だったわけだし
もうやめてよ?ストーカー
show(しょうた)
ストーカーじゃないっす!
とりあえず一安心?





✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -

はい!久しぶりです

🌻ひまわり🌻です!

終わりました!ちゃんと春から高校生なれます!笑

もう勉強したくないです笑

まぁ、とりあえずひと段落したので

また書き始めようと思います。

ただ相変わらず亀更新だと思うので

そこは首を長くしてお待ちください笑