無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

えぇぇぇぇぇぇぇぇ!!
あれから数日
一応きぃ兄さんたちには
ともさんと友達になったってことは
内緒にしてる
あなた

あ、緋也先輩
おはようございます

赤髪のとも
あ!あなたちゃん!
おはよ!!
先輩
今日も元気だね
あなた

先輩おはようです

とりあえず仕事終わらそ~  


仕事終わり
あなた

この雨じゃ・・・

すんごい大雨。
雷もなってんじゃん笑笑
先輩
電車止まってるって。
あなたちゃんどうする?
あなた

あ、私もう少しここにいます。
かぎとか全部閉めてくんで
先帰っていいですよ

先輩
わかったー!じゃあまたね!
ガチャ
赤髪のとも
あなたちゃん。
あなた

はい?

赤髪のとも
雨止むまでうちに来る??
あなた

・・・・・・










えぇぇぇぇぇぇえぇ!!!

どうする?!

ともさんの?!

家に?!

行けちゃう?!

ファンだよ?!

家にあげていいの?!

これは断った方いい?!

でも私行きたい?!
あなた

で、でも一応ファンですし・・・

赤髪のとも
でも、電車動かなかったら
花屋って寒いじゃない。
結局行くことに笑笑

あぁ。

興奮しすぎて

うまく話せないかも笑笑