無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

言っちゃうの?!
あなた

📞梓?

梓(あずさ)
📞ん?
あなた

📞彼氏出来た

梓(あずさ)
📞え?!まぢ?!
やっと?!笑笑
あのあなたが心開いた?!
あなた

📞そんなとこ笑笑
んじゃ仕事戻るから笑笑

梓(あずさ)
📞あ、はい笑笑
あなた

ねぇ。緋也先輩?

赤髪のとも
んー?
あなた

今週の土日ね、幼馴染み3人で
北海道に住む私のお姉ちゃんのとこに
泊まりに行くの

赤髪のとも
うん。いいよ?
あなた

でも、一応男子いるから
ゆっとこうかなって

赤髪のとも
いいよ~
息抜きにでもゆっくりしてきな~
あなた

ありがとう。

先輩
そうえばさ~
最近あなたちゃんと緋也っち
仲いいよね(´^ω^`)
赤髪のとも
あー、俺たち付き合ったんです
あなた

え!?言っちゃうの?!

先輩
あ、そうなの?!
まぁそんなにはしてたけど笑笑
赤髪のとも
そうなんす
先輩
おめでとう!
あなた

ありがとうございます!

赤髪のとも
ありがとうございます笑笑
先輩
あ、んじゃー緋也っちと 
あなたちゃんが付き合った
お祝いに今日はパァーっと
行きますか?!
赤髪のとも
お!
あなた

いいですね!

ほんとに付き合っちゃったんだな。

私たち・・・

今までは画面の向こうにしかいなくて

画面越しにしか見れなかった

私の大好きな赤色。

私が4年も愛し続けた憧れの人、

その人は今はここにいる。

私の隣にいる。

歳なんか関係ないよ。

10歳差の恋。それでもいい。

だって今の私は

あなたがいたから

ここにいるの。

私を救ってくれた赤い人。

私は今すごく








幸せです!



あなた

大好き((ボソッ

先輩
ん?なんか言った?
あなた

え?あ、な、なんでもないよ。

赤髪のとも
うそ。聞こえてるから。

俺も好き((ボソッ
そのあと先輩にめっちゃニヤニヤ
されたよね笑笑