プリ小説

第3話

ホームルームが終わり昼休み、あなたと大貴は涼介先生のところへ向かった
理由はひとつ
大貴
大貴
先生、
あなた

先生、

あなた

私たちの席を..

大貴
大貴
離して!!
涼介先生
涼介先生
え ー嫌なの ー?
大貴
大貴
小中同クラだったんだぞ !?
涼介先生
涼介先生
いや、知らないよぉ
あなた

チャラっ 笑

あなた

いーじゃん先生ー

涼介先生
涼介先生
どーすればいいの ー慧先生ー
あなた

慧 ??

涼介先生の隣のデスクで眠たそうにしていた先生が振り返った
慧先生
慧先生
ふぇ !?
あなた

え...

私の中で何かが響いた
あなた

(ド、ドストライク!!)

大貴
大貴
ね〜慧先生?からもいってよ 〜
慧先生
慧先生
そっちのかわいい子にお願いされたら言うかも〜
大貴
大貴
は !?こいつのどこが ..!
あなた

お願いします っ ///

大貴
大貴
いや、おい!
慧先生
慧先生
ね 〜涼介先生 ?許してあげなよ〜
涼介先生
涼介先生
ダメだ、2学期までまて
大貴
大貴
え 〜
あなた

〜♡

涼介先生
涼介先生
なんか浮かれてるみたいだけど彼女さん
大貴
大貴
は!?付き合ってねーよ!
あなた

〜♡

慧先生
慧先生
俺にほれてんだって 〜
あなた

///♡

大貴
大貴
うそ、まじ..?
あなた

慧先生って何担当ですか ?

大貴
大貴
うわ下心ダダ漏れ
慧先生
慧先生
数学だよ 〜4組行くからねっ
あなた

は、はい !

涼介先生
涼介先生
ほら、教室戻るぞ!
あなた

先生待ってます !

慧先生
慧先生
はぁーい
慧先生...♡

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

は れ ☀
は れ ☀
▼ 小 説 家 ▼ おーるじゃんる 系の小説家。 ファン層・・☞ 中高生向け 内容・・☞たまに激しめ ?