無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

12
学校につくと大貴に呼び止められた
あなた

な、何

大貴
大貴
お前おばさんからきいたぞ、
あなた

何が

大貴
大貴
家、でたのかよ
大貴
大貴
どこで暮らしてんの
あなた

どこでもいーじゃん

大貴
大貴
どこでもいいことねーよ
大貴
大貴
まさか、あいつの家じゃ..
あなた

そうだよ、

大貴は引き気味で、我に返ると、私の手を引っ張り、職員室に向かった
あなた

痛いっ、

大貴
大貴
ちょっと先生、
慧先生
慧先生
んー、あ、あなたちゃん !
大貴
大貴
一緒に暮らしてるって本気ですか
慧先生
慧先生
あー、言ったの。 本気だよ?
大貴
大貴
なんでですか、まだ高校生なのに..
あなた

教えたの、あのこと

大貴
大貴
....は?
イライラしているのが凄く伝わる
大貴
大貴
で、暮らし始めたってこと?
あなた

ぅん、

慧先生
慧先生
もうわかったなら教室もどt..!
大貴
大貴
じゃあこいつ俺が預かります
あなた

はい !?

慧先生
慧先生
いや、何言ってんの。親御さんに迷惑でしょ君は
大貴
大貴
俺、ほとんど一人暮らしみたいなもんだから
慧先生
慧先生
は?でも、親はいるでしょ
あなた

違うんです先生、大貴の親はいま海外で...

大貴
大貴
だから、俺が預かります
慧先生
慧先生
いや、それh ..!
大貴
大貴
しかも、俺らならシェアハウスって言い訳できますけど、先生は..ね ?
慧先生
慧先生
...あなたはどうしたい ?
あなた

わたしは...

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

は れ ☀
は れ ☀
▼ 小 説 家 ▼ おーるじゃんる 系の小説家。 ファン層・・☞ 中高生向け 内容・・☞たまに激しめ ?
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る