無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

瞬き/backnumber
幸せとは
星が降るよると
眩しい朝が
繰り返すようなものじゃなく
大切な人に降りかかった雨に傘をさせることだ
瞬きもせずに
目を凝らしてもみつかる類のものじゃない
だからそばにいて欲しいんだ