無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

先生と秘密の恋
涼真先生
涼真先生
いきなりごめんな笑
でも、今やばい状況だから
言ってる。
とりあえず、俺んち来て?
あなた

今から…?

涼真先生
涼真先生
うん笑
あ、賢人も来てくれ
賢人
賢人
あ、おっけいっす


涼真先生の家に着く。。



先生の家は、広くて



整理されていてとてもきれいだった。



さすが先生だなって思った。
涼真先生
涼真先生
じゃあ、そこ座って
あなた

はい…

賢人
賢人
で、何があったんすか?
涼真先生
涼真先生
えーっと…
先生から聞いた。



心菜ちゃんのお父さんは暴力団だということ。



私を狙っていること。

殺されるのは…
あなた

怖い…

涼真先生
涼真先生
大丈夫、俺が守るから。
賢人
賢人
俺もだよ
あなた

ありがとう…

賢人
賢人
璃愛にも言っとくよ。
分かってくれると思うし。
あなた

うんっ…!

涼真先生
涼真先生
じゃあ、あなたのお父さんと
お母さんに言わないとね
あなた

あ、そうですね…

賢人
賢人
ちょっと俺、用事あるから帰るわ!
しんどかったら言ってな(ポンポン)
あなた

う、うん!//



お母さん
あれ、何でこんな早いの?
あなた

早退した…

お母さん
何で…って後ろの方はどちらで…
涼真先生
涼真先生
竹内涼真と申します。
あなたさんの担任を
させてもらっています。
お母さん
あぁ、こんにちは
お母さん
それで、どうしたんでしょうか…
涼真先生
涼真先生
今、あなたさんは命を
狙われているんです。
お母さん
え…?なぜ?
涼真先生
涼真先生
△△暴力団って知ってますか?
お母さん
えぇ、それがどうしましたか?
涼真先生
涼真先生
そこの、1番上の娘が
あなたの事を狙ってるんです。
殺すと言ってきました。
お母さん
えっ…!?
涼真先生
涼真先生
なので、僕に守らせてください。
お父さん
何で、お前なんだ?
あなた

お父さん…