無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

先生と秘密の恋
心菜
私が…一番可愛いのに…
何で…あいつが…あいつが
涼真くんの彼女なの…?
許さない…からな…


今日も先生に会うの楽しみだなー…



と思って教室に入った。



そしたら、みんなの視線が一気に



私の方に向いた。
あなたが来た…
よく来れるね…
やばっ…
あなた

え…?

心菜
ふふっ、あなたちゃーん!
何で昨日、涼真先生と
イチャついてたのかなー?(ニヤッ)
あなた

心菜ちゃん、何でそんな事言うの?

心菜
だって、本当の事じゃぁん(ニコッ)
心菜ちゃんは嘘つく訳ないじゃーん!
あなたひどっ
あなた

や…やめて…

もう、、耐えられなかった。
賢人
賢人
あなた…
(俺のせいで…)
あなた

もう…帰る…

涼真先生
涼真先生
おーい、皆席座れー…
タッ
涼真先生
涼真先生
え?あなた?
心菜
あなたちゃんは、私達に
びびって、帰っちゃったんですよぉ
涼真先生
涼真先生
そうなんですかー…
(絶対、心菜さんがやっただろ。)
涼真先生ー!
あなたと付き合ってるって
本当ですかー?
涼真先生
涼真先生
は?付き合ってないけど
涼真先生
涼真先生
(賢人が言ったのか…?)(チラッ)
賢人
賢人
(待って、俺が言ったと思ってる)(フルフル)
涼真先生
涼真先生
(じゃあ…誰だ?もしかして…心菜か…?)
心菜
(ニコッ)(そのまま奪ってやる…)
心菜
(いじめてないし…まだましよあなた…)


あなた

どうしてバレたんだろ…

??
あなたっ!
あなた

え?

賢人がいた。
あなた

どうしているの…?

賢人
賢人
涼真先生が…追いかけろって
言ってたから…
てか、先生今、危ない。
あなた

え?何で?

一方…涼真達はー…
心菜
先生っ、放課後来てくださいっ(ニコッ)
涼真先生
涼真先生
あぁ、分かった。
(元凶こいつだから、言わないとな。)