無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

先生と秘密の恋🐶ちょいR18🐶
あなた

せんせっ…ちょっといたぃ…ッ…

涼真先生
涼真先生
大丈夫?
1回抜くね
あなた

ふぁぁ…

涼真先生
涼真先生
もしかしてはじめて?
あなた

はい…

涼真先生
涼真先生
そうなのか。じゃあ
だんだんとやっていこ(ニコッ)
先生はやったことあるのかな…



そりゃ、大人だもんね…
あなた

は、、はい…

涼真先生
涼真先生
今日はもう寝よ?
あなた

うん…



あなた

んーっ…おはよせんせ…?

朝起きると、涼真先生はいなかった。
あなた

あれ?あ、紙がおいてある…

"学校に行ってきます。朝ごはん作ったから食べてね"
あなた

学校かぁ…

あなた

とりあえず食べよ…



あなた

ごちそうさまでした…

さすが先生。



とても美味しかった。
あなた

何しようかな…

そう思っていたら眠りにおちた。

あなた

んん…もう4時かぁ…

あなた

今、涼真先生何してるかなー

あなた

見に行こうかな…笑




トコトコ
あなた

もー学校着くなっ

あなた

先生今何やってるん…ッ!?

誰かに口を抑えられ、



意識がとおのいていく気がした。
△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

更新遅くてすみません…

3月1日には受験なので低浮上になります…

ほんとにごめんなさい…