無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

先生と秘密の恋🐶R18🐶
涼真先生
涼真先生
クチュクチュ…
あなた

せっ…せんせ…んぁ…

涼真先生
涼真先生
気持ちい?(ニコッ)
あなた

はっ…はい…

涼真先生
涼真先生
たくさん濡れたね…(ニコッ)
じゃあそろそろやめよっか
あなた

ふぇっ…?続きやらないんです…か…?

涼真先生
涼真先生
だって、そろそろ下校時間だからさ…
あなた

内緒で…やろうよ…

涼真先生
涼真先生
このままやると、理性もたなくなるし…//
あなた

いい…ですよ…

涼真先生
涼真先生
じゃあ、毎週金曜日にここ来て、、!
あなた

わ…わかった…!

涼真先生
涼真先生
だんだんと、、ね…(ニコッ)
あなた

ひゃっ…//

また、下が濡れてきたのが分かった。



恥ずかしい…
涼真先生
涼真先生
ん?またいっちゃったの?
あなた

はい…

そしたら…
また秘部をなめられた。



そこから出た液をなめる。
あなた

ひゃぁ…せんせっ…んんっ…んぁ

涼真先生
涼真先生
今日はこれで終わりにしよ…?
あなた

んんっ…わっ…わかった…

そこから毎週金曜日が楽しみになった。。