無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

先生と秘密の恋
今日の放課後。
涼真先生
涼真先生
ごめん、待たせた
心菜
大丈夫ですよぉ
涼真先生
涼真先生
で、何?用って
心菜
先生、冷たいですよぉ…
涼真先生
涼真先生
お前があなたを泣かせたしな
心菜
何で…あなたなんですか…
涼真先生
涼真先生
心菜さんよりいい子だし。
可愛いし。本人の前では
言えないけど…//
心菜
もう、怒りました…
心菜
先生、私と付き合わなかったら
あなたを本気で殺す。
涼真先生
涼真先生
は?
涼真先生
涼真先生
俺をなめてんのかよ
心菜
なめてません。
私の父、有名な暴力団ですよ?
涼真先生
涼真先生
俺は知らない。
何があってもあなたを
守るから。そんなこと
やってもしょうがないよ。
心菜
(チッ)先生をおとしてみせます。
涼真先生
涼真先生
無理だよ。笑
俺はあなただけだから!
心菜
むむむぅ。



あなたたちの方は。。
賢人
賢人
これから学校いける?
とても行けそうにない。



今、先生とは"いけない恋"をしてて



それがばれてしまったし。



一人ぼっちになってしまう。



それが怖い。。
あなた

無理…

賢人
賢人
(ギュッ)
賢人
賢人
大丈夫。俺が守るから。
あなた

賢人…

涼真先生
涼真先生
大丈夫か!?あなた!
あなた

せんせっ…!!

涼真先生
涼真先生
(ギュッ)
賢人を離して涼真先生がハグをしてきた。



これだけで安心する…



やっぱり、先生が一番落ち着く…
涼真先生
涼真先生
一緒に住もっか。
あなた

え?

賢人
賢人
え??
賢人
賢人
それ、ほんとっすか?
涼真先生
涼真先生
ほんと!(ニコッ)
あなた

えええええ?!