無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

お風呂で♡
2,863
2018/12/16 08:37
あなた

~♪

熱がしばらく下がらず、一松の看病が解除されようやくお風呂に入ることが出来ました。
あなた

きもちぃ...♪

───バンッ!!!
あなた

っ!?

一松
一松
...
あなた

いちまつっ!?

一松は無言でドアを閉め、シャワーを浴び始める。
あなた

いやいやいや!なんでいきなり!?私の後にしてよ!

一松
一松
いいじゃん別に。早く入りたい気分だったのー
あなた

えぇ...

何気に、一緒にお風呂に入るの初です。
一松
一松
...
洗い終わったのか前髪をかきあげる一松。
あなた

ッ...///

オールバックめちゃくちゃカッコイイ...
そのままお風呂に入って、私の向かいに座る一松。
一松
一松
...なに?
あなた

な//なんにもないっ!!

無意識にずっと見つめちゃってた...///
一松
一松
...あなた
あなた

はいっ!!

一松
一松
ここ...おいで。
一松が自分の前を指さす。
あなた

うん...///

うわぁ...なんか、カッコイイんだけど...///
一松
一松
はぁ~...ぎもぢぃ...
私の頭の上に顔を乗っけて、呟く一松。
その上、お腹に手を回されて身動きが取れない。
そのせいで...肌が...密着してます...///
あなた

ッ...///

一松
一松
...
うぅ...何故か気まずい...
あなた

ひァッ//

一松
一松
どうしたの...?
胸に一松の腕が当たって、変な声が出てしまった。
あなた

ッ~!!わかってるくせに...(ボソッ)

一松
一松
なんか言った...?(ニッコリ)
あなた

なんもないです...

むぅ...これは早くあがらないと、お風呂コースだ...。
一松のえっち長いから...逆上 のぼせちゃうよ...!!
これはもう逃げるに限る!
あなた

わっ、私もうあがろっかな...

一松
一松
はぁ?   馬鹿なの?
あなた

はっ、離せばか...

一松
一松
...へぇ?   俺にバカとか言っていいんだ~??
あなた

っ...頭ん中どうなってんだバカ!変態野郎!!

一松
一松
今日はお口が悪いですね〜、あなたちゃん?
あなた

みっ、耳元で言わないでっ、///

一松
一松
なんで?
あなた

く、くすぐったい...///

一松
一松
ふぅ~ん??
一松
一松
ていうか、なんで俺が変態野郎なわけ...?
あなた

へ?

一松
一松
まだ3分も入ってないのに、もうあがるんだーって思っただけだけど?
あなた

な...//

一松
一松
俺の頭ん中がどうなってると思ったの...??ニヤ
あなた

ちっ、ちが...///

一松
一松
へ ん た い さ ん ♡
あなた

ひゃァゥッ///

あなた

みっ、耳っ/// ヤダってば!///

一松
一松
やだぁ?   ヤダじゃなくて好きなんだろ??
あなた

ちがっ

ペロッ
あなた

んっ// 耳舐めないで...///

ペロッ     チュ     レロォ
あなた

んっ///ふっ///

一松
一松
あっはあ...    お前もうそんなだらしない声しか出せなくなっちゃったの??
あなた

ちがうぅ///

一松
一松
やっぱりお前、耳好きだったんだね♡