無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

お風呂で♡ ②
2,956
2019/01/10 07:24
あなた

んッ///ふぁ///

一松
一松
あーあ。乳首こんなにしちゃって、やーらしい♡
あなた

うるさっ、んんッ///

私の耳をベロベロと舐めながら、乳首をコリコリといじられる。
あなた

ふあッ///やっ、らァ///

一松
一松
もっと~!でしょ?w
あなた

黙れッ//バカ...

一松
一松
おー、お風呂の中なのにこんなにグチョグチョですねぇー??
あなた

んああッ/// 下っ、だめっ///

ビクンっ、と大きく体が反る。
一松
一松
わぁーw  風呂の中で挿れられるかもね~
あなた

やっ、// それはやらッ///

一松
一松
ハイハイ、もっとして欲しいでちゅね~~。 はい、こっち向いてー
一松は、私の体を持ち上げて180度回し、体育座りをしている一松の足に私を跨らせた。


お風呂の熱と浴室の暖かさで、どうにかなりそう...
一松
一松
入るよね?大丈夫でしょ
ぐちゅぐちゅと、私の中に指を3本いれて掻き回す。
あなた

んァッ///ふっ//んんッ///

あなた

ィッ、イッちゃうぅ///

一松
一松
いいよ。
あなた

んあッ///やっ/// ああッ///

一松
一松
...はい、じゃあ挿れまーす。
あなた

はぁっ、はぁっ、鬼か...!?

一松
一松
なんとでもどうっ、ぞっ♡
その瞬間、一松は私の中に一気にソレを入れた。
あなた

んッアアアッ////

あなた

やっ//もうやらァ///

一松
一松
勝手にイくなよ?
一松は私の腰を掴んで少し浮かせながら、腰を振り始めた。
あなた

んあっ///あッ///あッ///やぁッ////

一松
一松
ッ///  きっつ…// めっちゃ締まってるッ///
あなた

いやっ/// イッちゃ、うぅ///

一松
一松
ダメでーす。勝手にイかないでくださーい
あなた

むっ、むりィ/// んああッ////

思わず力が抜けて一松にもたれ掛かる。
一松
一松
ねー。俺まだイってないから、続けるね。
あなた

はぁっ...!?嘘で、っしょッ!?

一松
一松
ほんとーでーす♡















あなた

んッ///あっ///やらァ////

ああ///  くっそ可愛い///   コイツん中、めっちゃ締まってるッ///
動く度に、お湯のパチャパチャと跳ねる音がする。
目の前で、可愛い喘ぎ声をあげてるあなた。

あー、キスしたい。
一松
一松
あなた

!? むっ///ん///ふ///んんんッ///

一松
一松
ッ──///
キスをしながら、同時にイった。
あなたはぐったりと俺に寄りかかる。
一松
一松
はぁッ///

........?
ん?ぐったり?
一松
一松
あっ、おい、あなた??
あなた

......

顔を真っ赤に火照らせて返事をしないあなた。
一松
一松
...やっべ、やり過ぎた
コイツすぐ逆上 のぼせるんだった。
すぐにあなたを抱き抱えて、タオルを巻きリビングのソファに寝かせた。
一松
一松
あー...起きたら絶対怒んだろうなぁ…
....でも、クセになりそう。