プリ小説

第4話

助けを求める相手(じんたん目線)
じんたん
痛っ…!
引っ張らないで!
男子1
あぁ?
うるせぇなぁ
男子2
ちょっと黙っとけよ!
))ガンッ
じんたん
あっ…
殴られた…







俺は気を失ってしまった
村上
…い!おい…!
おい!起きろ!
))グイッ
じんたん
うあ…
髪の毛をグイッと引っ張られて目が覚める


周りを見回すと誰も通らないような路地裏にいた
村上
やっと目を覚ましたか…
全く、あんなんで気を失って
もらっちゃ困るんだよなぁ
これからもっと殴られるんだからよぉ!
))ガンッ!
じんたん
うっ…!
村上
おめぇらも
やれよ
男子達
かっしこまりぃー
))ガンッ!
))ガンッ!
))ガンッ!



痛い、痛い

助けて…

何で俺がこんなことされなきゃいけないの?

自分が弱いのは分かってるけど…








誰でもいいから助けて…


テオくん…!



ー数時間後
村上
はっ、数時間もよく耐えたなぁ~
さっきはこいつの
一発で気ぃ失ったのにな~
まぁ今日はこのへんでやめといてやるよ
また今度も覚悟しとけよ?
じんたん
ゲホッ、ゴホッ
はぁ、はぁ、はぁ、はぁ
やっと終わった…

全身が痛い

顔は殴られなかったけど、頭を沢山殴られたから
頭がズキズキする
じんたん
は、やく
家に帰らなきゃ
そういえば俺、
何でさっき助けを求めたときに『テオくん』の
名前が出てきたんだろう…

会って間もなくて、まだ完璧に信用している訳でも無いのに…

初めてそんな人に助けを求めようとしたかも


ーじんたん家到着

))ガチャ
じんたん
ただいま…
あれ?おかしいな
妙に家の中が静かだ…

どっか出掛けてるのかな
じんたん
ん?なにこれ
リビングの机の上には手紙が置かれていて、
こう書いてあった



『じんへ

お母さんとお父さんはここに住むことが出来なくなってしまいました。でも安心して、じんはここに住めるから。1人暮らしになっちゃうけど頑張って…!私達が出せる全財産をこの家に残します、好きに使ってください。本当にごめんなさい。

                 母と父より』
じんたん
あ、はは
1人暮らし、か
前から薄々は感じていたけど…
今日この日か~
じんたん
俺は親にまで
見捨てられたか
じんたん
体中は痛いし、
親に見捨てられるし、
もうやだなぁ
さっき殴られた所がまだ痛い

よく見ると痣が沢山出来ていた

体の痣は服で隠れるけど首についた痣は見えてしまう
じんたん
はぁ、顔を殴らないなら
首も殴らないでほしかったなぁ

…痛っ
気づけば涙が流れていた
じんたん
泣きたい訳じゃ無いのに…
うっ、うぅ…
))ピーンポーン
じんたん
…?誰だろ
涙を拭き、玄関の扉をあける

))ガチャ
じんたん
…はい
テオくん
あっ、じんたん!
じんたん
て、おくん…?
何でここにテオくんが?
それを聞く前にテオくんが言った
テオくん
これ届けにきたの
スッと差し出したのは、俺の生徒手帳
じんたん
何で、テオくんが
持ってるの…?
テオくん
さっきね、近くを走ってたら
落ちてて、拾ったの
じんたん
そんなんだ、
ありがとう拾ってくれて
じんたん
家近くだけど、テオくんも
早く帰った方がいいよ?
もう暗いから…
テオくん
…じんたん
何かあったの?
じんたん
え…?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

水蘭
水蘭
🌟お気に入り🌟合計500! 嬉しすぎて涙出てくる…ここまで行くとは思ってなかったです… 本当にありがとうございます…! ♡ピーファク♡ 【注意点】 ・語彙力皆無 ・誤字・脱字が多すぎる ・物語重視 ・掛け持ち魔(( ・短編集ばっかり更新していくstyle← 【作者】 ・誕生日・8.10 ・スカイピース腐女子 ・★じんクラ★ 【推しCP】 ・テオじん(本命) ・じんテオ ・みやじん ・テオみや ・みやテオ 【☆ファン☆】 ・🍓ベリーしゅご ・🌻ラ油らー ・🐬海野水蘭 ・💧るあっこ ・🌠神ねー ・🎵紫芋っ娘 ・🌈さやえんどう ・👅りぃえんどう ・🐠小魚 ・🍵おちゃっぱ ・🍎りぃなぁ ・☁そら豆's ・⚡ライ人 ・🐿りーす ・🍆なすび ・🔔すずちょ ・🦑さきするめん ・🐼パン民 ⬆みんな大好きです⬆ イニまつが好きすぎてやばいこの頃…。 【myファンネ】 “水フレ” or “水蘭friend” マーク→⚓ プロフィールとかに書いていただけると泣いて喜びます