無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

確認と嫉妬(じんたん目線)
テオくんに告白された。



最初は何を言われてるのか理解出来なくて、呆然としていた
だって、俺の好きな人からの告白だよ!?

呆然としてたらテオくんが、『早く振って』なんて言ってきた
俺はもちろん振らなかったよ?だってテオくんが好きだから…好きな人と両思いだったなんて、こんな嬉しいことなんてないよ!

だから俺はテオくんに『好き』って伝えた
テオくんはビックリしながらも俺を抱きしめて、キスをしてくれた

その後、すぐ家に帰った

テオくんは帰るときに、『また明日、学校でね!』って言っていた

もう少し一緒に居たかったな、なんて思った。
まぁ、また明日会えるし、って思って家に入った




ー朝




じんたん
あぁ、朝だ…











すぐに準備して、テオくんの家の前に行く

数分すると‥


))ガチャ
じんたん
あ…
テオくん
んっ、じんたん
おはよっ
じんたん
おはよう、テオくん
学校行こっか
テオくん
うん…あのさ
じんたん
じんたん
ん?どうしたの?
テオくん
俺達…つ、きあってる
ってことでいいんだよね…?
テオくんの唐突な質問に、自分でも顔が赤くなっていくのが分かった
じんたん
…うん
俯き加減に言うと、テオくんは
テオくん
そっかぁ良かった…
昨日あの後、あれは夢だったんじゃないかってずっと思っててさw
…じゃあじんたん。
これからもよろしくね
じんたん
うん!よろしくね
テオくんっ!














ーなんやかんやで学校到着

))ガラッ
根岸
お、おっはよ~
お二人さん
テオくん
はよはよ~w
じんたん
おはよう
根岸
……ねぇ
もしかして、二人って
古田(先生)
皆席つけ~
テオくん
あ、古田来ちゃった
じんたん、早くしないとっ
じんたん
うんっ、じゃあ
根岸くん、また後でね
根岸
お、おう










ー朝のホームルーム後


そういえば、さっき根岸くんが何か言いかけてたような…ちょっと聞いてみようかな

じんたん
根岸くん…?
さっき何か言おうとしてなかった?
根岸
ん、あぁ
ちょい耳貸して
じんたん
?うん
根岸
小声))藤枝と寺島って
付き合ってるの?
じんたん
えっ!?
根岸
あら、図星w?
じんたん
な、何で…///
根岸
いや、何かさ
朝来たときに随分距離が
近かったような気がしたから
じんたん
そっか、よく分かったね
…テオくんと付き合ってるよ
根岸
やっぱりぃ?
ま、俺も男を付き合ってるから
何か言う気は無いけどねw
そんな会話をしていると後ろから誰かに抱きつかれた
テオくん
…何の話してるの
じんたん
テオくん…?
根岸
何でもないよぉw
ね、藤枝っ
じんたん
え、あ~うんっ
特に変な話はしてないよ
テオくん
むぅ…じんたんは俺のだから、あんまりほかの男と仲良くしないでっ
じんたん
テオくん…///
根岸
…イチャイチャするなら
人目のつかない所でしなさい
テオくん
わーったよ
じんたん、こっち来て
じんたん
え?え?
俺はテオくんに腕を引っ張られて、屋上に連れてこられた
テオくん
よし、誰もいない
じんたん
テオくん…1時間目
始まっちゃうよ?
テオくん
そんなの良いの
…じゃあじんたん、おいでっ
テオくんは腕を広げる

俺は顔を赤くしながら、テオくんの胸に飛び込む

そしたら、テオくんはぎゅっと抱きしめてくれた
テオくんの胸の中にいるとなんだか落ち着いて、安心する…

俺はやっぱりテオくんが好きだな

なんて思った

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

水蘭
水蘭
☆ 👀 ♡ 💬 + ありがとう みんな大好きです。 2年目になりますね。 じんクラ 腐女子 主にテオじんを推しております。 良いなと思ったものにだけ浮上。 ※私の書く藤枝、寺島は場所ごとによって性格が異なります※ 前の方が良かった、とか笑
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る