無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第17話

まさかの一言(テオくん目線)【短】
じんたんの腕を引っ張って屋上に行き、腕を広げると、じんたんは顔を赤らめながら抱きついてくれた

可愛いなぁ…
こんなに可愛い男の子ってこの世にじんたん以外に居ると思います!?うんうん、居ないと思うよね!(デジャヴ)


それで、突然なんだけど、じんたんを襲ってもいいかなっ!?も~!最近じんたんが可愛すぎるからさ?早いとこ襲わないと、じんたんが他の人に取られちゃう気がして!だからさ!?いいよね!?



…あと、付き合って、そんなに経ってないことは気にしないでくれ、早く襲いたいからさ!←
テオくん
ねぇ、じんたん
じんたん
んー?なぁに~
俺の制服に顔をうずくめながら答えるじんたん
可愛すぎワロタ(デj…((殴)
テオくん
襲っていい?
じんたん
へ?
高速で俺から離れるじんたん。
そこまで襲われたくないのか、この子は…
じんたん
テオくん?
何て言った?
テオくん
襲っていい?って
じんたん
今?
テオくん
流石に学校では
ダメだよねぇ…
じんたん
家…でならいい、よ?
テオくん
まぢ!?
聞きましたか、皆さん!

まさかのじんたんから“襲ってもいい”というOKがもらえましたよ!
という訳なので、家かえったら早速襲わせていただきます←

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

水蘭
水蘭
☆ 👀 ♡ 💬 + ありがとう みんな大好きです。 2年目になりますね。 じんクラ 腐女子 主にテオじんを推しております。 良いなと思ったものにだけ浮上。 ※私の書く藤枝、寺島は場所ごとによって性格が異なります※ 前の方が良かった、とか笑
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る