無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

519
2018/01/17

第6話

望said
ん…遅くね
小瀧望
遅くね…?
重岡大毅
たしかに
茉夏
どこいったのかな
小瀧望
俺見てくるわ
茉夏
ん、よろしく
あれ…なんか叫んでるな
『…ぁあい』
小瀧望
え?
走ってった。

女子トイレの前に着くと
あなたは倒れていた。
小瀧望
おい!あなた!
あなたの頭を見ると血が流れていた。
保先 『ちょっと意識失ってるだけだから大丈夫』
小瀧望
そうですか…一緒にいてもいいですか?
保先 『いいわよ』
あなた

ん…あぁー良く寝た

小瀧望
おお、おはよ
あなた

どうして、

小瀧望
倒れてたから
あなた

おおきに

小瀧望
なんかあったら、少しは
俺を頼ってもいいんやで
あなた

おおきに

小瀧望
だって俺あなたのこと…
小瀧望
す…k
あなた

ん…?

重岡大毅
あなた大丈夫かぁー
茉夏
大丈夫!?
あなた

うん、ありがと!

いいそびれたぁーー