無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

593
2018/01/14

第2話

いつも通りの朝(?)
(´-ω-`)スピースピー……




コンコンコン ((ノック



藤『失礼します。お嬢様朝ですよ。』




(’ω’)ファッ!!?
藤井流星
起きてください。お嬢様
あなた

んぅ〜眠い……(´-ω-`)スピースピー……

藤井流星
お、お嬢様!?
あなた

( 'ω')ファッ!?

藤井流星
お父様がお呼びしてます
あなた

うぃー

かわいい制服を着て、髪の毛をポニーテール
で結び、薄化粧をしてリビングへ向かった。
父『あなたに話したいことがある。』
あなた

うん、知ってる。

父 『神山智洋って知ってるか?』
あなた

あー、有名企業の社長かー

父 『神山くんがな、倒産してしまったらしいんだ。』
あなた

へぇ

あなた

んで?

父 『だから、あなたと神山智洋を結婚させる。』
あなた

は?

父 『政略結婚だ』
……はぁ?私運命の人と結婚するって
決めたんやけど!?
あなた

嫌やわ

父 『今まで育ててきた感謝の意を込めて結婚しろ』
あなた

そんな感謝されたくて育ててきたなら
最初から子供を作るな、くそじじい

父 『なんだと!?』
藤井流星
まぁまぁ、落ち着いて下さい
あなた

もう、いい!

ガチャンっ!と音を立て家を出た。